Hidenobu Ito - KISS

Hidenobu Ito - KISS

  • 物販商品(自宅から発送)
    発送までの日数:3日以内
    ¥ 1,500

「ソウル系アーティストじゃないアーティストがソウルをやる」 というテーマのコンセプトアルバム。 「ソウル系アーティストじゃないアーティストがソウルをやる」 という実験的テーマによるコンセプトアルバム。 前作"Love The End"の続編、Hidenobu Itoによる4枚目のアルバム。 「ソウル系アーティストじゃないアーティストがソウルをやる」という実験的テーマによるコンセプトアルバム。所謂エレクトロニカやブレイクビーツのシーンで活動してきたアーティストがR&BやSOULをまったく違う目線で制作することで基本やマナーを無視した作品を目指して制作されています。前作"Love The End"と同時期に制作され、"Love The End"がエレクトロニカ的なのに対し、”KISS”はソウルミュージックにおける”異常なまでのセクシャルな変態性”をハードコア化することに重点が置かれています。 前作よりフュージョンやスムースジャズ色を強く押し出しよりミニマル感を高めた内容でもあります。 角松敏生、古内東子、岡村靖幸に捧げられた セクシーアーバンファンクな全10トラック。 myspaceにて岡村靖幸さん本人から激励のメールを貰い感激の一枚に。 comment: KISSという単語のイメージは様々ですが、今やスーパーで必ず立ち寄る冷凍食品コーナーのように、若者は軽々とKISSについて語りたがります。彼らは自分達が解凍されていない、カチカチの唐揚げのような存在であるかのごとく、温もりを欲してやまないのです。そんな若者に渇を与えるべく、私はこのアルバムを大プッシュしたいわけです。若者よ、このアルバムを聴いて、KISSを学べ。そして大志を抱け。でも、若者だけに甘い汁を吸わせていたら、世の中は終わってしまう。ということで、年代問わず、恋したい男女、恋してる男女、恋なんてもうまっぴらだという男女は、アメリカ人のハグのように、このアルバムに無条件にKISSされるべきです。 - オオキサエリ【音楽ライター】 

    商品の発送について
    倉庫から発送

    BOOTHの倉庫から配送される商品です。入金が確認され次第、発送されます。

    自宅から発送

    出品者自身が梱包・配送します。「発送までの日数」は、BOOTHでの入金確認が完了してから商品が発送されるまでの予定日数です。
    あんしんBOOTHパック で発送予定の商品は、匿名で配送されます。

    ダウンロード商品

    入金が確認された後に「購入履歴」からいつでもダウンロードできるようになります。

    pixivFACTORYから発送

    pixivFACTORY が製造・配送する商品です。入金が確認され次第、製造されます。

    「ソウル系アーティストじゃないアーティストがソウルをやる」 というテーマのコンセプトアルバム。 「ソウル系アーティストじゃないアーティストがソウルをやる」 という実験的テーマによるコンセプトアルバム。 前作"Love The End"の続編、Hidenobu Itoによる4枚目のアルバム。 「ソウル系アーティストじゃないアーティストがソウルをやる」という実験的テーマによるコンセプトアルバム。所謂エレクトロニカやブレイクビーツのシーンで活動してきたアーティストがR&BやSOULをまったく違う目線で制作することで基本やマナーを無視した作品を目指して制作されています。前作"Love The End"と同時期に制作され、"Love The End"がエレクトロニカ的なのに対し、”KISS”はソウルミュージックにおける”異常なまでのセクシャルな変態性”をハードコア化することに重点が置かれています。 前作よりフュージョンやスムースジャズ色を強く押し出しよりミニマル感を高めた内容でもあります。 角松敏生、古内東子、岡村靖幸に捧げられた セクシーアーバンファンクな全10トラック。 myspaceにて岡村靖幸さん本人から激励のメールを貰い感激の一枚に。 comment: KISSという単語のイメージは様々ですが、今やスーパーで必ず立ち寄る冷凍食品コーナーのように、若者は軽々とKISSについて語りたがります。彼らは自分達が解凍されていない、カチカチの唐揚げのような存在であるかのごとく、温もりを欲してやまないのです。そんな若者に渇を与えるべく、私はこのアルバムを大プッシュしたいわけです。若者よ、このアルバムを聴いて、KISSを学べ。そして大志を抱け。でも、若者だけに甘い汁を吸わせていたら、世の中は終わってしまう。ということで、年代問わず、恋したい男女、恋してる男女、恋なんてもうまっぴらだという男女は、アメリカ人のハグのように、このアルバムに無条件にKISSされるべきです。 - オオキサエリ【音楽ライター】